デュプロブロックの連続パターンで作る作品

スポンサーリンク

7歳になって、同じ形のブロックを規則的に繋げて大きな作品を作る、というのをやりはじめました。

こういう規則的なパターンっぽい作品はこれが初めての作品ではなく、以前にも似たような作品を作っていました。これ系の作品はとても壊れやすいので写真に残せるチャンスがあまりありません。ちょっとぶつかったり、持ち上げたりしたらバラバラになってしまうので。

デュプロ連続模様-01

とにかく同じ形を規則的に組み立てていくだけ。シンプルだけどなぜか楽しいし、出来上がった作品を眺めるのも、おもしろい。不思議な作品です。

これは本当に壊れやすくて、少し持ち上げてボロボロに崩れていました。写真が撮れたのはすごくラッキーでした。

デュプロ連続模様-02

裏側はこんな感じになってました。高さが半分のパーツを使ったりしたらもっと丈夫に作ることもできると思いますが、こういう風に作りたい気分だったんでしょう。いまさら聞いてもどういうつもりで作ったか本人にも分かりません。

デュプロ連続模様-03

もっと、もっと沢山いろんな形のブロックが揃っていたら、もっと大きな連続パターンの作品が作れてすごく楽しいと思います。色も好きなようにそろえて並べてみたり、壊れにくいように工夫したりして作るのも楽しそう。

子供からしたら、この壊れやすい大きな作品を組みたてるのがまた楽しいのかもしれませんけどね。編み物とかそういう類の楽しみに通じるのかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする