3歳児にはレゴデュプロか普通のレゴか

スポンサーリンク

0歳、1歳、2歳くらいまでは小さなレゴブロックかレゴデュプロかを迷うことはありませんが3歳くらいになると手先も器用で小さなレゴブロックで遊べちゃう子が増えてきます。さらに4歳、5歳となるとレゴデュプロを飛ばして小さなレゴを買ってもらったという子も多いのではないでしょうか。

小さいレゴと大きいレゴデュプロ

こちらは小さなパーツの入ったレゴブロックセット

小さいレゴにはないレゴデュプロの魅力

お子さん本人が小さなレゴがいい、というなら仕方がありませんがレゴとレゴデュプロは実は別物。大人のわたしがハマってしまったのですから子供も何歳でも遊べます。

小さなレゴは外すのが硬くて小さな子供には難しいパーツもあります。ブロック外しを使っても、3歳~4歳では扱いにくいパーツがあります。レゴデュプロならそんな問題もなく大きな物がダイナミックに作れちゃう。5歳ぐらいになると、小さなブロックで細々と作れるレゴブロックで子供は上手に遊ぶようになりますが、それはそれ、これはこれ、という感じでデュプロもまだまだ人気があります。

こちらはレゴデュプロ。こうして並べてみるとバケツも揃えたくなります。

いろんな物を自由に作れるようになるには、ある程度の練習も必要だし、ブロックの数と種類がそれなりに充実していないと、デュプロの魅力を味わうことができません。

収納事情とか、どのぐらい遊ぶかはそれぞれ違うので、一概に言うことはできませんが、沢山数をそろえてあげれば、けっこう大きな子でもいろいろ工夫して楽しく遊べるものです。

ひとりめの子が3~4歳ぐらいで下にきょうだいがいる、これからまだ赤ちゃんが生まれる可能性のある家族ならとりあえずレゴデュプロがおススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする